年金を払わなかったらどうなるの?

はい、今絶賛向き合っている問題です。

なぜなら実母が国民年金保険料を長期に渡って納めていないことが分かったからです。

 

年金未納問題

子どもの頃のある時、世間を騒がせていたのは年金未納問題で、江角マキコや政治家が叩かれていました。

そのとき私は、母親に年金はちゃんと払っているのかと聞いたことがあり、

「払っていないし、これからどうせ年金制度は崩壊するし払う必要性を感じられない。」

と回答されたのを覚えています。

 

年金に対して無知な子どもだった私は、たしかに自分で貯金すれば何とかなるわけだし、みんな義務だから嫌々払っているのかな~なんて考えていました。

 

老後がヤバい

そんなこんなで最近まで生きていて、これから生きていくことを考えたときにどうしても避けられない出来事が老後の生活です。

平均寿命が延びるなかで”人生100年時代”なんて言われて久しいですよね。

そんな中で豊かに生活をおくる為に、行政は年金制度を打ち立てて現役世帯からお金を集めて保障に充てているのですね。そんなことを今になって知りました。

 

しかし、今に始まったことではないですが少子化や景気の停滞、不祥事などで年金制度の崩壊がささやかれ続けています。

こうなったらせめて払わなくても特に罰せられない国民年金は払わなくて放っておこーなんて思っちゃいますよね…

 

 

まじでやめたほうがいいです

 

年金制度は払った分がちょっと増えて返ってくるだけじゃない。

国民年金保険料は2018年11月現在16,340円です、

仮にこの保険料をこれから40年間納めたら合計784万円になります。*1

現時点の支払い額は満額で78万円なので、およそ10年間で元が取れてしまう計算です。

 

現在男性の平均年齢でも80歳を超えている為、これがいかに経済的に合理的なことかがわかります。

 

最近は支払い面での見直しが進み、個人の運用に委ねていく傾向にありますが、それでも2038年度までは現役収入の50%の水準は確保する見通しなので、少なくとも50代以降の人にとってはメリットが大きいといえます。

さらに遺族保障、障害保障といったもしもの時の保険としての側面を持ち合わせています。そういった面でも納付することに意味があるのです。

 

どうしても納付できないときは免除申請を!

1.6万円は収入の低い人によって重い負担です。

しかし行政も鬼じゃないので、免除なるものを用意しています。

場合によっては全額免除も認められます。もし40年免除だったとしても半額になりますが支給されます。

 

ここで注意したいことは、申請しなければ免除にならない。ということです。

私の母はそこを知らなかったことで本当は免除になったかもしれないのに未納扱いになってしまっているのです。

 

離婚してサラリーマンの配偶者控除を受けていた人は分割申請を!

2年以内に申請すれば配偶者が納めた厚生年金を分割して受け取れます。

私は小学生の頃に父と母が別居し、それから高校卒業まで母方の祖父母の家に住んでおりました。

母は「養育費がもらえなくなるから...」と離婚はせずに、パートを転々としながらこれまで生きてきました。

数年前、子育ても終わったということで離婚をしましたが、この申請をやってなかったそうです。

知らないって恐ろしい...

 

制度への不満

こういった形で国民年金は申請があるかないかで、将来が大きく変わってしまうことがわかりました。

確かに、母の情報リテラシー能力の低さと頻繁に未納通知が来ていたにもかかわらずスルーしていた当事者意識の低さは否めません。

しかし、そもそも制度への理解が困難で、正確な情報にアクセスできずに誤解したまま放置してしまう人が大勢いて、それが現在の未納率の高さに繋がっている側面もあると思うのです。

そもそも、所得税はきっちりとった上で、国民年金の免除を自己申告制にしていることが疑問です。免除になる世帯の状況を鑑みて自動的に免除するなど、やりようはあるのではないかと思います。

 

しかし、不満ばかり言っても何も変わりません。

今私にできることは、少しでも年金を給付できるように年金機構に掛け合い、母自身が長く収入を得られるようサポートすること、そしてブログで情報発信して年金の重要性を一人でも多く認識していただくことくらいです。

*1:保険料は増額傾向にある為実際の納入額はこれより低い

株価暴落!リスクについて考える

株価がすんごい落ちてますね。

 

私は今年度の初めに個人年金保険を解約して得た70万円を分割しながら投資信託をいろいろ買っているのですが、国内も先進国も新興国も債権も軒並み下がっていて

m9(^Д^)プギャーといった感じです。

 

しかし2008年のリーマンショックという素晴らしい過去が示すよう、こんな暴落は一定確率で起こる可能性があることが計算できるのです。

 

なのでこの時にやってはいけないことは

・よくわからないけど売る

・投資金額を減らす

ことなんじゃないかなーと思ってます。

 

そして精神的に耐えられないと感じた人はリスクとリターンについてもう一度勉強し、アセットアロケーションを見直すことを考えたほうが良いでしょう。

 

そして

・数年以内に使うお金は投資しない

・防衛資金(急な病気やケガ、冠婚葬祭に耐えうるお金)の確保

といった部分が適切かを考えるチャンスですよ。

 

私は基本思想として、

人には欲望があり、欲望によって世界は経済成長を続ける。

という考えを持っているので、投資を続けていくつもりです。

逆に何でも記録しちゃえばいいのススメ

以前、家計管理アプリのMoney Forwardについて記載しました。

 

www.highschoolhal.com

 

私自身、数か月の使用で明らかに貯蓄が増加傾向にあり、ただ記録するだけで十分に習慣を変えることができています。

 

しかし、一つ困ったことがあって…

 

それはついついスマホを持つ度にMoney Forwardを起動してしまうんです...

 

じっと見つめてもお金なんて増えないのにね(笑)

ひどいときは30分くらい購入履歴や残高の推移を眺めています。

 

こりゃいかん!と思い対策を考えてみたんですが、

逆にやるべきこと、やりたいことを記録管理しちゃえと思いました。

 

カロリー管理アプリ Balance

まず最初にカロリー管理を初めました。

私は運動を習慣化できている方だと思うのですが、劇的にマッチョだったり引き締まっているわけではないです。

つまりは結果が出ていないということです(><)

 

レーニング界隈では運動と食事の重要性は

運動:食事 = 3:7

の比率だとよく言われています。

つまり、かなり食事の管理が重要だということです

 

そこで、数ある食事管理アプリから「Balance」を選択しました。

理由はRantasticというランニングアプリと連携しているくらいでしょうか。

まぁ、なんとなく選びました。

 

実際使ってみると、バーコードで簡単にカロリーと栄養素の記録ができることがとても便利だし、しっかり記録できている感覚があって満足感が高いです。

 

一方で自炊だとしっかりと管理したいなら計量が必要になります。

外食が多い方だと便利かもしれませんね。

 

勉強時間管理 Studyplus

カロリー管理に飽き足らず、こうなったら勉強時間を管理しちゃえとなり、

早速一番人気っぽい「Studyplus」というアプリをダウンロードしました。

 

勉強時間は積み重なるものなので、しっかり記録すれば自信にもなると思うんですよね。

しっかり記録することで習慣化し継続させることが狙いです。

 

Studyplusではあらゆる教材を登録して、進捗を簡単に記録できることから、包括的な学習時間を把握でき、かなりやる気アップに影響していると思います。

 

個人的には、タイマー機能とストップウォッチがアプリに内蔵されていることが素晴らしいです。

誘惑の代表であるスマートフォン自体が勉強を始めるトリガーに変身することがスゴイと感じています。

 

結果

というわけで、2つの管理アプリのおかげでMoney Forwardへの執着心は分散されることになりました。めでたしめでたし。

実際、ゲーム感覚で楽しみながら自己研鑽している感覚になります。オススメです。

とある移住イベントに参加した話

先日、とある移住イベントに参加しました。

 

どのようなイベントかというと、地方の移住者を受け入れたい企業や行政団体が都内に出向き、わたしのような移住検討者と交流するものでした。

 

このようなイベントに参加するのは初めてでしたし、貴重な経験ができたと思うのでブログに書いておこうと思います。

 

どのような人が参加していたか?

今回は複数の県が合同で行っているイベントでした。

参加者は40人弱で平均年齢は30代半ばです。

どちらかというと私のような企業勤めの会社員よりも、起業家志望の学生やコンサルティング、PRをしている人、文化系のクリエイターなどの参加者が目立っていました。

 

皆さんとても話が上手で、レクリエーションで話す場面が来るとここぞとばかりに自己PRを行っており、私の目にはかなりクールで意識が高い人が多かったです。

 

受け入れ側の団体メンバーもIターンをした人やビジネスオーナーなど、普段なかなかお目にかかれない人ばかりでした。

 

わたしの狙い

今回のイベントでは今後実際に地方に移動する費用がある為、比較的高額な参加費を払っている人が集まっています。

故に、意識の高い人が集まっているし、普段会社員をしていたら関われない人が多いと感じました。

そういった意味では新たな出会いの場としてはいい投資なのかもしれません。

 

わたしはもともと地方に生まれ育ったのか、あまり地方に対して劇的な自由があるとは思いませんし、都心で暮らすメリットも十分にあると思っています。

今回のイベントを通して断続的に地方の仕事ができるのか、あるいは本格的な移住への足掛かりなればいいかなぁと思っております。

メンタリストDaiGo氏のYouTubeチャンネルがすごい良い

通勤で歩く時間が30分くらいあるので、VoicyやYouTubeを聴くようにしています。

最近のお気に入りは一時期テレビによく出ていたメンタリストDaiGo氏のチャンネルです。

 


ストレスに負けず、疲れにくい人になる方法

 

Voicyで自己否定感が辛くなった

春先からVoicyを主に聴いていたのですが、人気のサウザー氏やイケハヤ氏のような会社員を否定するポジショントークを毎日聴いていると、徐々に自己肯定感が薄れていってしまったのです。

 

必要以上に「現実の自分がダメだ」と思い続けることはあんまり良いことじゃない気がしてきました。

 

彼らのようなインフルエンサーはマジョリティである会社員を否定することで注目を集める目的でやってますからね…

 

もちろん現実に批判的な目線を持って、改善する努力を続けることは必要です。

 

Voicyによって多くの学びがあったことも事実ですし、それを無料で聴けた環境とコンテンツを提供してくださったパーソナリティの方には感謝しています。

 

しかし自己啓発系のコンテンツは薬のようなもので、適切な用法容量ってあると思うんです。

 

実際、私自身かなり苦しんでいたし、妻に負担をかけたこともあります。

そこで、いったんVoicyを聴くことをやめてみました。

 

動画投稿としては邪道なのがすごい

ある時YouTubeのおすすめにDaiGo氏のチャンネルがでてきて、なんとなく再生しました。

 

そこにはある程度の長い時間(10-20分)でまくしたてるようにしゃべるDaiGo氏の姿がありました。

 

これは短時間でカットを多用するYouTubeの王道からは離れたものです。

しかし、登録者数は上昇傾向にあるそうです。

 

DaiGo氏のYouTubeチャンネルは心理学を中心にあらゆる論文や研究成果をテーマ毎にまとめたものです。

 

YouTubeはあくまで導入部に触れるのみで、さらに深い部分はニコニコの有料会員限定での公開になってます。

 

お金を払っているを払っているユーザーを大切にしており、無料コメントでDaiGo氏の不快になるコメントや投稿を急かしたり、猫を侮辱するとブロックされます(笑)

 

高速でまくしたてる喋りも計算でやっているらしく、私も何度も聞いているとだんだん慣れてきました。

どうやら人間の脳は情報に追いつこうとするときに記憶に残りやすいそうです。

 

DaiGo氏自身も動画投稿でいろいろと試行錯誤の末に現在のスタイルになったといい、例えばカメラなどの機材にお金をかけずにiphoneのみで投稿する。けれども三脚にはこだわるなどのノウハウも公開しております。

 

こんな人にオススメ

はじめに触れましたが、自己啓発系コンテンツを多量摂取して疲れた人におすすめです。

情報がないと不安な人にとって”何もしない”ことも苦痛かと思います

 

会社員をやめろ!商品を作れ!起業しろ!

といったドラスティックな意見から離れて、身近かつ低いハードルで幸福度を上げる技法が多数紹介されているDaiGo氏のコンテンツは新たな知見をもたらすかもしれません。

 

無料部分のみでもかなり実践的で面白い内容がおおいのでぜひとも聞いてみてください。

地方は専業主婦にならざるを得ないのだろうか

私の地元は九州の田舎です。

最近割と結婚ラッシュなのですが、身近の観測範囲だと女性側が寿退社するパターンが多いなぁと感じます。

比較対象は関東圏に住む知人たちですが、割と彼女たちは結婚後も辞めないし、出産時も産休を取って復帰するケースが多いです。

 

原因としては下記を挙げてみます

・夫の転勤が多い

・職場の雰囲気(休暇が充実していない)

・周囲の圧力

 

個人的には周囲の圧力の影響をとても強く感じます。

私の育った環境もそうですが、たいして裕福でもないのに私の母親は専業主婦を選択していました。

母親は現在離婚しており、私の仕送りとパートで生計を立てています。

以前母親になぜ仕事を続ける選択をしなかったのかを聞いたら、

「その職場の流れだったから...」と言っていました。

 

たしかにその時代のモデルケースではありましたが、正直教育費用の見積もりが甘かったのではないだろうか?と感じざるを得ません。

 

私の家庭の場合、兄弟が皆高卒で働きに出た為、教育費用で大きくウェイトを占める大学費用がかからずになんとか乗り切れたとも言えます。

しかし、時代は変わっており、これからは親がいかに教育の機会を提供できるかが重要になっており、その為にもお金は必要です。

さらに言えば教育費用も年々増加傾向にあります。

 

子どもだけの問題ではありません。

平均寿命も延び続けて人生100年の時代になりつつある今、”生き続けるリスク”もどんどん上がっていきます。

 

配偶者の収入だけに頼り続けるのも危険です。

いつ病気や事故で働けなくなるかわからないし、今後の長い人生で経済的な力関係が生まれてしまいます。

 

資産家でない限り、我々若い世代は労働力くらいしか換金できません。

それをみすみす手放すことはもったいないんじゃないかと思ってしまうのです。

 

結果何が言いたいかというと、

働ける状態にあるのになんとなく専業主婦になるなよ

です。

 

こどもと接する時間を大切にしたいという話も聞きますが、

所詮子どもは別人格だし、親なんかより周囲の同世代や環境の方に影響を受けやすいものです。

時間の長さだけがすべてではないでしょう。

親にできることは多様かつ好奇心を抱かせる環境を用意するくらいなのです。

そしてそれを実現するにはカネがいるんですよ。

 

共働きが増えれば、保育園に入れない、家事負担の増加などの問題が深刻になると思いますが、経済的には幾分か楽になるのではないかと思います。

都会に比べて経済格差がある地方だからこそ専業主婦信仰から脱するべきではないでしょうか。

保険屋、銀行員は商売人だと知っておくことで人生が変わると思う

どうも。お金に興味深々マンです。

 

先日、自衛隊に入隊した親戚から入隊直後の保険営業について聞かせてもらいました。

私:「ところで、自衛隊の保険とかの営業ってあるの?」

親戚:「なんか研修の合間に小一時間くらい保険屋から将来のリスクの説明があって、説明が終わったら即申し込み用紙を配られた。書けって(笑)」

私:「なにそれ!?、悪徳商法やんけ!」

親戚:「そうそう。20歳以下の人も多いし、教官もいたから、ほとんどの人が言う通りにしていたよ。でも中には頑なに出さなかった人もいた

 

この頑なに出さなかった人は、保険商品を安易に選択してはいけないことを知っていたか、親などに教わっていたのではないかと思います。

 

学生の世界は狭いです。私も世の中の職業は教師と店員と土木工事くらいしかないと思ってましたから。

そうでなくても、銀行や保険屋さんは公正で中立、真面目といった善いイメージがある人も多くいるのではないでしょうか?

そしてその認識は彼らの営業が人生へのアドバイスに鞍替えされ、高額の保険商品や投資信託、住宅ローンの契約につながってしまうのではないかと思います。

 

保険屋、銀行員各々のケースを見てみましょう。

 

保険屋のケース

私も会社に入ったばかりの時、完全に信用しきって住友生命個人年金を契約しました。将来の年金がもらえなくなる、税金が安くなるといった売り文句に飛びついてしまいました。

しかし、

・提示された利回りと実際は大きく異なる。

・預け金の1割は事業経費になる。

・税金で還付されるのは実質数千円

ということがわかり、中途解約に至りました。

元本割れになってしまいましたが、勉強代と割り切ってインデックス投資資金に回しました。

 

医療保険については公的な部分で賄える部分が多くあるので、自分にどれだけお金が必要かで入るべきかと思います。

個人的には複数人の扶養家族がいない限り入る必要はないと考えています。

 

www.highschoolhal.com

 

 

銀行員のケース

品行方正なイメージの銀行員も注意が必要です。

よくお金の相談を銀行にするような風潮が見受けられますが、あれはわざわざカモにされるようなものです。

例えばこんなアドバイスを受けるのではないでしょうか

・住宅ローンをできるだけ借りれるだけ借りて、返済が長くなるよう勧める

→できるだけ多くの金利を受け取りたい。

・高利回りバランス型ファンド、アクティブファンド勧める

→インデックスファンドを大きく上回る信託報酬手数料を受け取りたい

 

必ずしも、銀行の提案=顧客の利益にはつながらないことが多々あります。

 

金融の第一歩

金融教育、マネーリテラシーの必要性が高まる今、

大切なことは不安を煽り、なにかを契約させようとしてくる人は商売人という観点を持っておくことだと思います。

それから自分で数字の情報を集め、判断することが重要なのかと

よくわからないまま契約することが一番危険だということを知っておくべきだと思います。

 

契約は怖いです。

安易に結んだつもりが、長期にわたって自由を吸い取られるというリスクも認識しておきましょう。

 

お金については他にも書いているのでよかったらご覧ください。

 

www.highschoolhal.com