有名な心理学者のセミナーに参加しておもしろかった

「仕事でつかえる心理学」と題した講演だった。

講演者はお台場のバラエティー番組のレギュラー美人心理学者。わたしは高校生のころから見ていて好きだった人だ。

会場はほぼ満員で、「テレビ効果すげえ」と思った。

彼女が伝えていたことは以下にまとめる。

人格には違いがある。

それは生まれ持った性質であり、変えることはできない。人はないものねだりなもので、それを変えようとしがちだが、たいていは変えることはできず、かえって歪みが生まれる。人格に善し悪しはなく、受け入れることに努めるとよい。

違いを認める 内向的/外交的

心理学上ではおせっかいな人と人目を気にして行動できない人を分類した時、意外にもおせっかいの人が内向的で一目を気にするひとは外交的。

一緒にいて安心する人数というものも人それぞれだそうだ(ちなみに自分は3人かな...?)これを同僚や家族も含めて想像すると良いそうだ。

 

集団心理

人それぞれに違いがあることを認めることで人間関係が改善し、幸福度があがる。ということが彼女の主張だ。しかし、多くの人はみんなと同じであることを求めてしまうのは人間の集団心理というものが原因とのこと。(特に日本人に顕著らしい)集団は時流に応じて求める価値観があり、それは直ぐに変わってしまう。集団が求める価値観を知るには子どもを対象に調査を行うと、わかりやすい。子どもは大人を素直にマネする傾向にあるからだそうだ。20年ほど前の小学生の求める友人像の第一位は優しい人だった。しかし最近は、おもしろい人や明るい人に変遷しているという。彼女が本を出す際に編集者からせがまれるフレーズは”ポジティブ”という単語だそうだ(ちなみに後述の理由で彼女はこの単語嫌っている)


”ポジティブ”ブームに対する警鐘 

ポジティブが求める世の中だが、ポジティブであると計算や仕事のミスが起こりやすく、浪費がちになるなど悪影響も考慮する必要がある。元来生物はネガティブな発想をするもので、ポジティブを求めることに無理があるのだ。(鉢巻をして大声で掛け声をするなど、ポジティブを求める組織は精神疾患者が多いそうだ)彼女もこのポジティブブームのアンチテーゼとして著書に”ネガティブを肯定~”といった内容を入れたら即廃刊になったそうだ(会場笑)

 

ペルソナ(役割に応じた仮面)をいくつも持とう

精神疾患が多い職業は万国共通で下記3つだ

  • 教師
  • 専業主婦
  • 牧師

3つの特徴はプライベートでもその役割を切り替えるタイミングが少ないことにある。役割は心理学ではペルソナと言われ、これが多ければ多いほどストレスに強くなる。

ちなみに彼女はチョコレートの包み紙を集めること(何千枚と集めているらしい)で、こういった些細なことでもペルソナとなりうる。

所感

講演者場慣れしているのだろう。パワポ資料もなく、マイク一本でしゃべり通した。おしとやかな見た目とは裏腹に、すこしうるさいくらいにマシンガントークを繰り出すのだ。彼女のモットーはインタラクティブな講演らしく、トークの合間に「質問ないですか?」と参加者に問いかけるのだ。そして質問者を適度にイジり、会場の雰囲気はすぐに温まっていた。時間が過ぎるのがあっという間の講演だった。

あとめちゃ美人だった。

安くて早い仕事術。工場勤務者編

工場勤務の会社員となって10年近く経った

 

様々な会社やグループに所属しながら、どこに行っても仕事が早いといった評価を受ける。

あくまで周囲との相対的な部分だと思うけれども、自分なりに意識していることを書いておきたい。

 

1.がむしゃらにやらない

かつて私は努力を美徳とする人間だった。

野球をやっては、休日に素振りや走り込みをする。学校の勉強では教科書を読み、理解するように努める。

しかし、スポーツや勉強の世界というものは残酷であり、明確な順位や実力差が浮き彫りになる。結果として私はどの世界でもトップ集団に入ることはできなかった。

努力のしかたが間違っていたのだ。

 

確かに、努力を継続するということはその才能を磨くことに必要不可欠なファクターではあることを否定しない。

しかしその先にある成果を見据えながら、努力の方向性を修正することが努力そのものと同等に大切であることに会社に入ってやっと気が付いた。

 

会社は労働力を通じて商品を生み出す故に、社員一人一人に業務が割り当てられる。

私のような工場勤務でもそうであり、新入社員だろうが作業単価は変わらない。

つまり、いかなる状況でも安く、早く、一定のアウトプットが求められる。

 

幸い(?)私が所属部署にとって初めての新入社員であった為、誰も新入社員向けの指導や配慮を意識していなかった。いきなり一般的な社員と同等の成果を求められていたと感じている(本当はいろいろな配慮があったかもしれないけれど)

そこで私は自分がコントロールできる要素を”材料”と考えいかに”安くて早い”という観点から”材料”を使いこなすか、という所を意識するようになった。

 

2.人という”材料”

人を材料扱いするとはなんと乱暴かとは思うが、業務というドライな視点においては必要かと思う。(無論、人に対しての敬意を持って接することは前提である)

仕事は一人では大きな成果を生み出すことはできない。その為に周囲との協力が重要なのだ。

その為には人の力量を測らなければならないが、はじめからそのような高度なことはできない。

しかし、その人を観ることはできる。仕事の前向きさ、集中度、指示通りに動けるかといった要素からその人に対する割り当てを調整するのだ(断じて好き、嫌いではない)

 

3.実力を磨く

他者の材料的価値を上げる為には業務経験を積ませることが必要であるし、指示通り或いは指示以上に動く忠実度を上げるには、自らの実力を見せていかなければならない。

最初に戻ってしまうが、結果として努力をする必要がある。

しかし、努力の方向性は環境に応じて違ってくる。

人や設備によって、頭にいれておく知識が変わってくるのだ。

チームにとってウィークポイントである部分、希少性が求められる部分は積極的に習得するべきだ。それが手っ取り早い実力に証明にもなる。

しかし、業務規程や前後の工程など汎用的に求められる部分に対しては突き詰める必要はないと思う。注意したいのは、あくまで突き詰める(100にする)ことでなくある程度知っておく(50~70に留めておく)ということだ。

自分が50の部分は他の誰かが90あれば良い。必要なときは90の人を使えばいいのだ。

そして余裕があるときに50を80にしたり、0を30にする努力をすれば良い。

 

3.計画を立てる

材料がそろえば、計画が決まる。

私のスタンスはとにかく残業をしないことだ。それが結果的に”安く早く”をもたらすことは自明である。

うまくいかないプロジェクトというのは始めから全力投球であることが多い。

しかし、それでは不具合、歩留まりといった偶然の要素でとん挫するケースが見受けられる。最悪なのは人が疲弊して辞めてしまうことだ。

生産というものは納期が決まっている以上、そこを守れば良いと思っている。計画を立てて作業進捗を管理することでそういったトラブルを回避しやすくなる。

ほとんどの向上はこれをやっているとは思うが、上手くいかないことがあるのはなぜだろうか?

それは計画を立てた人はその”材料”の価値を見極められていないからだ。

だからこそ自ら材料の価値を見極め、計画を立てておくことが大事なのだ。

高卒で一陸技に受かった資格勉強法まとめ

第一級陸上無線技術関連のブログが良く読まれている。

 

www.highschoolhal.com

私自身、20歳で働きながらこの資格を取れたことは、人生において大きな影響を与えているが、資格に合格した結果というよりその過程から学習習慣を身に着けることができたことがいちばん良かった。

 

今でも英語や金融についての学習を続けることができているし、月2-3冊ペースで本が読めている。

しかしながら、その行動習慣について特に苦痛に感じないし、いわゆる「勉強している」といった感覚は薄い。

 

そのスタートは社会人になって一陸技を受け、合格した。という重みによってもたらされたものだと信じているし、学生の時には得られなかったものだ。

その効力というのも多くの人に知って欲しいと思う。

 

なにも一陸技に限った話ではなくこの手法は多くの資格や、なにかを身に着けることに関するプロセスには応用できるものだと思う。

 

取り急ぎ応募する

よく試験を受けるかどうか悩んでいる人がいる。

「実力がついたら受ける」

「時間がない」

「お金がない」

「忙しい」

といったことを言う人が多い。というか私もそうだった。

しかし、たいてい万全のタイミングは訪れないし、応募なくして実力がつくことはないだろう。

人間は怠ける生き物だ。しかし、応募という労力と受験料を払うという行為はかなりの心理負担を強いられる。

そしてそれを取り返そうとすることも人の習性なのだ。

 

私が受験した当時は14,000円の受験料に加えゆうちょ銀行での振り込み作業もあった。

細かくいうと問題集やテキスト、受験会場までの交通費、費やす時間も考えると大きなコストがかかる。

それはいわば合格までの通過儀礼であり決意表明であるのだ。

 

だから悪いことは言わない。とにかく応募するのだ。

 

資格はわずか数か月の集中競技だ

大抵の資格は応募から受験まで数か月時間が用意されている。私の持論だが一陸技に関しては3ヵ月もあれば社会人でも合格できる。

 

ただし3ヵ月というのは学習習慣を身に着けた場合で、いままっさらな状態で受験する場合は半年程見ておくといいだろう。

 

大事なことは必ず一発で合格する気持ちで受けること。長い道のりは負担になる。

 

陸技は科目合格というゆるい救済措置があるが、これを初めから狙っていてはよくない。応募のところで感じた心理的なロスコストを取り戻す効力が弱まるからだ。

 

この数か月に集中するという意識と行動を継続した者こそが合格にたどり着くものだと思う。

 

勉強する時間と場所を決め、仕組み化すれば受かる

社会人は忙しい、朝は早いし、夜は遅い。残業もある。遊びやデートもある。

だから数時間机に向かって勉強することはできない。

 

その通りだ。よくわかる。人間はそんなものだ。だいたい真面目に勉強してくれるんだったらこんなに塾が溢れることはない。

私たちはいつだって怠けたいのだ。

 

しかし、資格には合格したい。そんな人は電車の中、始業前のオフィス、終業後の図書館やカフェといった時間と場所で勉強をすることを決め、自動的にそうなるように仕組み化することを勧めたい。

 

できれば問題集を常に持ち歩きたいところだが、スマホを活用しても良いだろう。

 

いちいち「勉強しようかな、面倒だな」など考えずに反応するように行動するのだ。怠け者だと自覚して、電車に乗ったら何も考えずに問題を解き始めよう。

 

そして短期集中のルールにのっとり、これらすべてのスキマ時間をすべて学習に費やすこと。そしてそのプロセスを経ることができたら合格する。と勝手に思い込もう。

 

難易度が高い学習をしていると時々心が折れる感覚に襲われる。

思うように頭に入らない...模試の結果が芳しくない...本当に受かるのだろうか?そもそも無理な挑戦だったのではないか...

そういった悩みに対しては、そこまでのプロセスに自信を持つことで跳ね返すことができるだろう。なにせ空き時間はすべて勉強に費やしているのだ。本当にそれが実行できていれば半端ない自身になっているはず。

 

人の目を利用する

先ほど電車やオフィス、カフェと列挙したことには理由がある。それは意図的に人の目に触れるようにしていることだ。もっと言うと会社の同僚や上司に受験することを言いふらすと良い。どうせ試験で2日も休まなければならないのだ。早いとこ報告して自分のエンジンにしてしまった方がいい。

そう、人の目はエンジンなのだ。受かるとスゴイ。落ちると恥ずかしい。勉強している自分はカッコイイ。そういった想像をしながら勉強というポーズをとることに専念するのだ。

コソ練という言葉があるように、努力を表に出さないことを美徳とする風潮はあるが、そんなことは知ったことではない。

人の目を使うことは結果の為のテクニックに過ぎない。

 

目指すは「合格」だ。理解することではない。

陸技は高度な電気通信の知識と数学技能が求められる。

しかしそれらをつぶさに学ぶことはオススメしない。(デシベル換算,接頭語など高校レベルの基礎知識はもちろんマスターする前提である)

いちいち原理を理解しようならば途方もない時間がかかる。相手は大学レベルの試験なのだ。

そして幸いなことに、一陸技に出てくる計算問題はある程度パターン化されており、検索語句と必要な式を暗記すれば解くことができる。一見違うように見えても、式を変換し代入すれば解ける問題がほとんどだ。

 

そのためにやるべきことは唯一つ、「過去問」である。

 

陸技の合格には全体の6割以上を解く必要があるが、内2割は新問が出題される可能性が高い。よほどの専門知識がない限り新問には太刀打ちできない。

なので、過去問は5年分を完璧に解けるようにすればかなり安心だ。

このレベルに到達すると出題パターンや傾向が見えてくる。そこまでの辛抱だ。

 

 

一陸技 無線従事者国家試験問題解答集(平成26年1月期~30年7月期)

一陸技 無線従事者国家試験問題解答集(平成26年1月期~30年7月期)

 

 マストバイ

 

落ちたあなたへ

ここまでやって、合格出来なかった人もいるかもしれない。

でも安心して欲しい。偉そうに言っていた私も一発合格じゃないのだ。

しかし、もしかしたら科目合格を勝ち取っているかもしれない。

そしたら次はもっと楽に合格できる。”強くてニューゲーム”なのだ。

そして今まで得た知識や習慣は確実にあなたの血肉となっているのだ。それをもっと誇ってほしい。

 

私が合格よりなにより大事にしたいのはそこなのだ。

東京で子育てしながら働くのは難しい

都会から離れた場所に転職したいという話です。

 

私も妻も東京に会社があり、お互い通勤に片道1時間以上かかっています。

満員電車を避ける為に早く起きるなどなんだかんだで8年サラリーマンやってきたのですが、最近働く環境がキツいんじゃないかな…と思ってきました。

 

なぜかと一番に思い浮かぶのは妻が妊娠です。

 

妊娠8か月になった彼女は、それなりにお腹も大きい状態です。

しかしながら、妊婦の妻に対して社会は甘くありません。今も。

 

通勤がきつい

満員電車では優先席は太ったおじさんが座っていて、マタニティマークをみた人は急に目を閉じてしまうようです。Close your eyes ~

席を譲ってもらったのは数えるほどしかなく、すべて年配女性からでした。

 

つまり公共交通機関の電車でも妊婦(などの社会的弱者)が乗っているいることを察知する人は非常に少なく、それによって設けられているはずの優先席も上手く機能していないということです。

 

職場の配慮が希薄

妻は今も大半は残業をしており、もっぱら10時ごろに帰宅します。

これは本人が働ける意思を示している以上、難しい問題ですが、周囲のメンバー(主に女性)が仕事を手伝ってくれないということに不満があるようです。

職場のマネジメントの問題になるでしょうが、本人としては同じ職場で同じ女性だからこそわかって欲しいという想いがあります。

 

東京で子育てしながら働くことは難しい

ネットを見ていると、妊婦側の意見が過剰という批判も多くみられます。

しかし、当時者になって思ったのは、やっぱり妊婦は身体に変化あるし、配慮が必要になるということです。

仕事に関しても、いくら制度で休暇が決められていても、体は日々変化していくのですから、ある程度周囲の協力が必要なのです。

 

もちろん本人も含め、自分の体調や要求を伝える術を身に着けることに越したことはありませんが、タダでさえ出産への不安が控えている人にそこまでのタフさを求めることはやはり酷なように感じてしまいます。

 

出産以降も保育園や学校のことも考えると、子育てのハードルはとても高いし、親も近くにいない状況で乗り切れる気がしなくなってきました。

 

同世代の平均以上は収入があれども、東京で子育てしながら働くのは難しいと感じています。

ブログを書いてよかったことなど-2018まとめ

5月からブログを始めて、とうとう年末になった。

 

初めは毎日更新だ!と意気込んでいたものの、徐々に更新頻度は落ち、今月は月末にも関わらず月で1本目の投稿である。

これまで数多くのブログが生まれては消えてきた中の一つになりつつある私が、その年の瀬の想いを書いてみる。

 

テレビネタでしょぼバズり

その中で嬉しかったことと言えば、始めは誰にも読まれておらず0PVの日もあったブログが徐々に読まれてきたことである、テレビネタの記事でガツンとPV数が上がってくれた。

 

www.highschoolhal.com

 

これを書いた後にこれまで0PVだったのが1日200PVになってちょっとビビった。

しかしこれは邪道のようなやり口な気がしており、短期的なコンテンツになってしまうのでぬか喜びがいかんと感じている。

 

資格系記事が根強い人気

ブログの更新頻度が下がっても根強く読まれた記事が、一陸技関連のものである。

これに関しては自分自身のシグネチャー的なものとして位置付けていたので、読まれているものはありがたい。そして次の段階を見せなければと感じている。

 

 

www.highschoolhal.com

 

 

www.highschoolhal.com

 

アクティブになった

ブログを書く。という目的のなかで、ネタを探すことが多くなった。

会社の人だけの付き合いから飛び出して、イベントに参加し。本を読むようになった。

誰かに伝える目線でいればより物事を吸収できていると感じた。

 

一方で

  • 記事完成させる
  • 文章を書く
  • 継続する

といったことに難しさを感じている。

書けばいいってものじゃないが、更新の粒を細かくできればいいなと思う。

年金を払わなかったらどうなるの?

はい、今絶賛向き合っている問題です。

なぜなら実母が国民年金保険料を長期に渡って納めていないことが分かったからです。

 

年金未納問題

子どもの頃のある時、世間を騒がせていたのは年金未納問題で、江角マキコや政治家が叩かれていました。

そのとき私は、母親に年金はちゃんと払っているのかと聞いたことがあり、

「払っていないし、これからどうせ年金制度は崩壊するし払う必要性を感じられない。」

と回答されたのを覚えています。

 

年金に対して無知な子どもだった私は、たしかに自分で貯金すれば何とかなるわけだし、みんな義務だから嫌々払っているのかな~なんて考えていました。

 

老後がヤバい

そんなこんなで最近まで生きていて、これから生きていくことを考えたときにどうしても避けられない出来事が老後の生活です。

平均寿命が延びるなかで”人生100年時代”なんて言われて久しいですよね。

そんな中で豊かに生活をおくる為に、行政は年金制度を打ち立てて現役世帯からお金を集めて保障に充てているのですね。そんなことを今になって知りました。

 

しかし、今に始まったことではないですが少子化や景気の停滞、不祥事などで年金制度の崩壊がささやかれ続けています。

こうなったらせめて払わなくても特に罰せられない国民年金は払わなくて放っておこーなんて思っちゃいますよね…

 

 

まじでやめたほうがいいです

 

年金制度は払った分がちょっと増えて返ってくるだけじゃない。

国民年金保険料は2018年11月現在16,340円です、

仮にこの保険料をこれから40年間納めたら合計784万円になります。*1

現時点の支払い額は満額で78万円なので、およそ10年間で元が取れてしまう計算です。

 

現在男性の平均年齢でも80歳を超えている為、これがいかに経済的に合理的なことかがわかります。

 

最近は支払い面での見直しが進み、個人の運用に委ねていく傾向にありますが、それでも2038年度までは現役収入の50%の水準は確保する見通しなので、少なくとも50代以降の人にとってはメリットが大きいといえます。

さらに遺族保障、障害保障といったもしもの時の保険としての側面を持ち合わせています。そういった面でも納付することに意味があるのです。

 

どうしても納付できないときは免除申請を!

1.6万円は収入の低い人によって重い負担です。

しかし行政も鬼じゃないので、免除なるものを用意しています。

場合によっては全額免除も認められます。もし40年免除だったとしても半額になりますが支給されます。

 

ここで注意したいことは、申請しなければ免除にならない。ということです。

私の母はそこを知らなかったことで本当は免除になったかもしれないのに未納扱いになってしまっているのです。

 

離婚してサラリーマンの配偶者控除を受けていた人は分割申請を!

2年以内に申請すれば配偶者が納めた厚生年金を分割して受け取れます。

私は小学生の頃に父と母が別居し、それから高校卒業まで母方の祖父母の家に住んでおりました。

母は「養育費がもらえなくなるから...」と離婚はせずに、パートを転々としながらこれまで生きてきました。

数年前、子育ても終わったということで離婚をしましたが、この申請をやってなかったそうです。

知らないって恐ろしい...

 

制度への不満

こういった形で国民年金は申請があるかないかで、将来が大きく変わってしまうことがわかりました。

確かに、母の情報リテラシー能力の低さと頻繁に未納通知が来ていたにもかかわらずスルーしていた当事者意識の低さは否めません。

しかし、そもそも制度への理解が困難で、正確な情報にアクセスできずに誤解したまま放置してしまう人が大勢いて、それが現在の未納率の高さに繋がっている側面もあると思うのです。

そもそも、所得税はきっちりとった上で、国民年金の免除を自己申告制にしていることが疑問です。免除になる世帯の状況を鑑みて自動的に免除するなど、やりようはあるのではないかと思います。

 

しかし、不満ばかり言っても何も変わりません。

今私にできることは、少しでも年金を給付できるように年金機構に掛け合い、母自身が長く収入を得られるようサポートすること、そしてブログで情報発信して年金の重要性を一人でも多く認識していただくことくらいです。

*1:保険料は増額傾向にある為実際の納入額はこれより低い

株価暴落!リスクについて考える

株価がすんごい落ちてますね。

 

私は今年度の初めに個人年金保険を解約して得た70万円を分割しながら投資信託をいろいろ買っているのですが、国内も先進国も新興国も債権も軒並み下がっていて

m9(^Д^)プギャーといった感じです。

 

しかし2008年のリーマンショックという素晴らしい過去が示すよう、こんな暴落は一定確率で起こる可能性があることが計算できるのです。

 

なのでこの時にやってはいけないことは

・よくわからないけど売る

・投資金額を減らす

ことなんじゃないかなーと思ってます。

 

そして精神的に耐えられないと感じた人はリスクとリターンについてもう一度勉強し、アセットアロケーションを見直すことを考えたほうが良いでしょう。

 

そして

・数年以内に使うお金は投資しない

・防衛資金(急な病気やケガ、冠婚葬祭に耐えうるお金)の確保

といった部分が適切かを考えるチャンスですよ。

 

私は基本思想として、

人には欲望があり、欲望によって世界は経済成長を続ける。

という考えを持っているので、投資を続けていくつもりです。