ハイスぺ彼氏と共に上昇した君へ

今週のお題「あの人へラブレター」

 

 

***

 
君と僕は田舎の高校の同級生だった。
 
君とはいつのまにか仲良くなって、よく話すようになった。
 
ほどなくして僕は君のことを好きになったのだけど、関係が崩れることを恐れて
告白はできないでいた。
 
 
就職を機に上京したとき、君と近くの職場になると知って嬉しかった。
あのときはとにかく何度もデートに誘った。たまに食事に行くことができた。
 
君はいつもどこか不満そうだった。
 
 
 
それからというもの、たまに食事に行く仲を3年ほど続けた。
僕は次第に恋愛感情を切り離すことができ、彼女もできた。
 
君にも彼氏ができた。
それも既婚で年上の経営者。
年齢も親子のように離れていた。
パパ活パトロンのような側面があったかもしれない)
 
その頃から君は僕のような同級生や、会社の同僚を蔑むような態度を取っていた。
着ている服もだんだん派手になってきた。
 
モデルのような写真をアップしていたSNSのフォロワーも1,000人を超えるよう
になった。
見知らぬおじさんから頻繁に「〇〇チャンカワイイね!」みたいなコメントが届
いていた。
 
僕は君に会うことが辛くなってきた。凡庸な毎日を過ごす自分と比べて、
君があまりにもキラキラしていたからなのかもしれない。
 
それから僕が君に連絡することはなくなった。
見ると辛くなる君のSNSフォローも外した。
 
しばらく経ち、ある事件が起きた。
終電と駅のホームで君とばったり会ったのだ。
 
僕はビックリしてあまり反応を返せてなかった。
 
後日、気になって君のSNSをのぞいてみると、
「高校の同級生に会いましたが、嫌な顔されて傷つきました。もう二度と会いません」
と書かれていた。
 
一気に血の気が引いた。
コメントを含め、一つ一つに傷ついた。

その後、君に抗議して投稿は削除してもらったが、それから一切連絡を取っていない。

 

いつのまにか君はSNSを凍結し、会社も辞めてしまったようだ。

 

僕は時々、君のことを考える。

そして労働に縛られた自分と、高級な服を着て、コース料理を食べている君を比べ、妬む。

 

「いい思いしやがって」

「女はいいよな」

そして

「なんで俺じゃダメだったんだ」

 

 

いろんな負の感情が溢れて、考えたこと自体を後悔するのだ。

 

いまは若さ故に、この想いを反骨心として消化することくらいしか思いつかない。

くやしさを胸に仕事や勉強、遊びに集中し、今を楽しむべきなのだ。

 

 

いつかいろんな事柄を清算し、どこかでばったり会ったとしても

「いろんなことがあったね」と笑いあえる未来があるといいなぁ

ブログ資産化備忘録~独自ドメイン取得からHTTPS設定まで

ブログにて情報発信をするとGoogleの評価が上がり、検索にヒットしやすくなります。

また発信を続けていくことで、自分の考えに賛同してくれる人が現れたり、自分の欲しい情報が手に入りやすくなると言われています。

 

まるでインデックスファンドのように長期運用することで価値が上がる。

それはまるで「資産」といえるものでしょう。

 

ステップ1 独自ドメイン

資産といっても、その扱いはブログサービスの提供側に依存します。

現在利用しているはてなブログも無料版で利用している限り

”hatenablog.com”

がメインドメインになります。

もちろんはてな利用者の流入を期待できるのでメリットがありますが、私のような泡沫アカウントでは初めから独自ドメインを設定することに決めました。

 

独自ドメインのメリット

なにより、プロバイダのサービス提供に依存しないことが利点として挙げられます。

仮にはてなブログがサービス終了をしても資産価値を引き継ぐことができるようです。

 

独自ドメインのデメリット

いまのところお金がかかるくらいでしょうか....

お名前ドットコムを利用した場合、.comで年額1,000円ちょいかかりました。

www.onamae.com

また、はてなブログ独自ドメインを使用するにははてなブログProに登録しなければなりません。

 

ステップ2 HTTPSの設定←いまここ

無事、独自ドメインを取得し、はてなブログを連結しましたが

下記のように危ない感じの警告がでてます。

 

f:id:ponsukechu:20180521231516p:plain

あぶないのか?

これははてなブログの設定画面からHTTPSに切り替えることにより解決可能です。

 

f:id:ponsukechu:20180521231932p:plain

 

私はまだ設定するまで時間がかかるみたいです…

 

設定が完了したら

等のカスタマイズも行います。

プログラム初心者がプログラム言語の違いを語る

わたしがプログラムを学び始めて1年くらいだが、いまだにExcel VBAでマクロを組む程度である。

 

highschoolhal.hatenablog.com

…まだまだ修行がたりんな

 

そんな私でも会社ではなぜかプログラムに詳しい人として扱われている。

今日は上司にこんなことを聞かれた。

 

JAVAってなあに?

それを聞いて???となった。

「あまり詳しくありませんが、androidアプリ開発によく使われている言語ですかね…」と取り急ぎ答えた。

 

次に、

VBAVB.NETの違いってなあに?

と聞かれた。

 

VBAはOfficeに付帯している言語で、VB.NETはその進化版です。(キリッ)」

とネットでさらっと調べれば出てくる情報を得意げに言った。

「あと、C#がいちばん良いといわれています(キリッ)」

聞かれてもないけど付け足した。

 

その他の言語の印象はこうだ。

Swift ・・・ Apple

C       ・・・ 元祖

C++     ・・・ Cの進化系

Perl      ・・・ らくだ

Ruby    ・・・ へび

HTML ・・・Webページで使う。タグで囲うやつ

XML ・・・タグで囲うやつ。データをためる。

 

...しばらくして、自分の浅ましさを実感し、恥ずかしくなった

自分ってなんも知らないんだなぁーと

 

ブログをやる意味。学びを出力する。

ブログって、成功している人や知識を持っている人が人気になってゆく。

わたしはすごい技術を伝えたり、大金持ちなわけでもない。

 

しかし、学びを出力する。場としてもブログがあっても良いと思うのだ。

 

きっと1年前のわからないことに焦っていた自分がこの文章をみたら、

「なんだこいつwダメダメじゃねーか!」ってちょっと楽になってくれるんじゃないかと思うんだ。

大企業といえども安易な未来予測は危険。これからのために学びをすすめる

100年続く企業が変わり続ける

先のNECの発表より事業の統廃合と人員削減で(悪い意味で)話題になっている。

biz-journal.jp

このニュースに対してNECに対して否定的な意見が目立つものの、私はそうは思わない。儲からない事業は切り離し、金という血液を整流化させてこそ事業は成り立つからだ。

NECは今後、既存のインフラ事業とAIなどのITソリューションでの収益拡大を目指すのだろう。100年続く老舗企業の底力に期待したい。

 

高卒サラリーマンはどうすべきか?

わたしは高卒で、技能職として工場に勤務している。今回のような大量リストラが発生したときに真っ先に切られる対象であるだろう。

今後のリストラに備えてよい方向に行動を変えてゆく必要がある。

 

時限爆弾

人員整理といえども、よほど重症でなければ、若者が対象になることはない。どちらかというと50歳以上が対象になる。

これに安心して、ダラダラと日々をすごしていたらあっという間に年をとってしまう。年をとり、ローンや生活費の支出に苦しむまっただ中に整理対象になる可能性が高いのだ。それはまる”時限爆弾”のように…

 

技能職は最低でも業務範囲を超えたスキルを証明

学歴を持たない高卒は再就職市場で不利だ。ましてや技能職となれば社内的にも業績を定量化することが難しい故に、経験でしか自らの労働力に重みをつけることしかできない。

 

資格を取ろう

そこで、賛否両論はあるものの資格を取得することをおすすめしたい。実際技能職では資格を持つことを推奨している企業が多く、教育費用を捻出してくれるところも多いようだ。

資格学習は短期の学習期間で永続的に効力を発揮するものばかりだ。「たかが資格」と割り切ってサクッと取ってしまったほうが良い。

会社のサポートも受けられ、評価もされ、自分のスキルセットの証明にもなるとメリットが多い。これを利用しない手はないだろう。

 

英語を学習する

もはや企業に勤める以上、英語からは避けられないのかもしれない。

私のような工業畑は英語が苦手な人間が多く、英語を見ただけで発狂してしまう人もいる。かつて私もそうだった(最初に受けたTOEICスコアは200点だった...)

しかし、所詮は言語である。ゆるくても段階的に学習を積むことで徐々にできるようになるものだ。こんな私でもTOEICスコアは600点を超えるようになったし、継続すればこれからもまだ伸びると思う。

 

IT技能を磨く

プログラミングやOfficeを効率よく作業できるといったIT技能を磨くことは現代の基礎スキルになりつつある。なにより新しい技術に触れ、実践できるマインドが一番大切なのではないだろうか。

 

 

highschoolhal.hatenablog.com

 

 

自らの価値を高めることで備えよう

先に述べた行動をバランス良く磨いていれば、たとえ一つ一つは凡庸でもサラリーマンとしては稀有な存在になれる。(実際私のまわりにはごく少数だ)

そんな人材を会社は簡単に手放せないし、世界の広がりを感じることもできるだろう。学びにより視野が広がれば、事業を興すことだってできるかもしれない。

 

この会社に入ったら一生安泰だなんて安易に予測するべきではない。

自分の価値は自分の行動と結果により決まるのだから。

 

 

highschoolhal.hatenablog.com

 

行きつけの美容室をやめてQBハウスに変えて満足度が上がった話

かつてのオシャレに切実だった頃

上京したばかりの私は、インターネットで見つけたとある美容室に通いはじめた。

 

担当の美容師さんが独立すると、すこし遠かったけど毎月バスに乗ってそこまで通っていた。月一でなじみのない街へ外出するきっかけになっていたし、楽しみの一つだった。

 

そこではカットやパーマ以外に、シャンプーを選択することができ、最後にはマッサージまでしてくれる。

しかし、悩ましい点もあった。ホスピタリティが良い反面、料金が高いのだ。会社の同僚にカット料金を話すと驚かれることが多い。

そして6年程通った頃、私はその美容室に行くことを重荷にさえ感じてきた。

 

やめるきっかけ

美容室に通い続けて、髪型が安定してくるとカット時間も短く、代わり映えしなくなってきた。毎月通う時間と交通費もふまえるとだんだん不釣り合いに感じてきたのである。

しかし、そこは長年通った情というか、「この美容師さんなら私の髪を任せて安心」みたいなものがあってなかなか別の選択を選べないでいた。

 

そんなとき、人事異動がらみで引っ越すこととなった。

 

こうなったらとことんコストカット

引っ越した場所は、通っていた美容室から2時間ほどかかる為、さすがにあきらめがついた。そこでホットペッパーで近所の美容室を探すと、土地柄なのか従来より3分の1の料金のお店に行くことにした。

 

3分の1の美容室は・・・

さすがに地域最安値ということもあって、かなり混んでいた。しかも予約どおりに行っても待たされ、接客も雑な印象を受けた。なにより美容師さんたちがかなりきつそうなのが印象に残った。髪をきってもらったにもかかわらず、謎の疲労感が残った。

 

QBハウスに入ってみた

もうこうなったらとことん安いところにいってみようと、これまた近所のQBハウスに初めて行ってみた。QBハウスは低価格理容店だ。

安かろう、悪かろうと思っていたものの、予想に反して満足度が高かった。

 

きちんと要望がかなったと思うし、高額な美容室より通う頻度を増やしてメンテナンスするほうが比較的短髪の私には合っていると感じた。

 

QBハウスは上場もしており、離職率の高い理容業界の人手を確保しつつ、業績を残している。働く理容師さんの満足度も高いそうだ。

 

システムや設備もとても効率化されている。

美容室=おしゃれという先入観を捨てて実際サービスを利用してみてその良さが分かった。

今後はQBハウスに通っていきたいと思う。

 

分散投資とはなにか?アセットクラス

投資の格言に「同じカゴに卵を盛ってはいけない」的なものがある。

それを聞いてふーん( ´_ゝ`)…で?どうすりゃいいの?
と前から思っていた。

最近得た学びから、投資信託における分散投資とはなにか?
どれをどの配分ですべきなのか?その算出方法を記しておく。

アセットクラスを知る

投資信託にアセットクラスは主に4つに大別できる
f:id:ponsukechu:20180514191812p:plain

一般的に国内より海外のほうがリスクとリターンが大きく。
債権より株式のほうがリスクとリターンが大きい。

上記4つに加えてREITと呼ばれる不動産を証券化したものがある、
これも国内と海外がある。
また、金などの現物に特化したコモディティファンド等もある。

インデックスファンドとアクティブファンド

例えば国内株式に投資しようとしても、インデックスファンドとアクティブファンドに分けられる。

インデックスファンドとは、国内株式市場の平均点と狙う商品。

アクティブファンドは、ファンドマネージャーの手腕で高いリターンを狙う商品だ。

インデックスファンドは上場企業をすべて買うようなもので、信託報酬手数料と呼ばれるランニングコストが0.16%程度と安価なのに対し、アクティブファンドは1%超とインデックスファンドに比べはるかに高いコストがかかる。

一見、アクティブファンドのほうが良いようにも見えるが、長期でみるとインデックスファンドが優秀であることは歴史が証明している。

投資初心者は各アセットクラスかつインデックスファンドを選択し、分散投資してゆくのが良いと思う。

highschoolhal.hatenablog.com

アセットアロケーションを組むよ~まずはExcelの日付処理だ

最近ファイナンス教育を受け、投資信託を始めることを決意した。

投資信託アセットアロケーション(資産配分)を決定し、ドルコスト平均法で積立を行うスタイルで行くつもりだ。すなわちアセットアロケーションをいかに決定するかが鍵となる。

 

アセットアロケーションはあらゆるアセットクラスから自分の投資スタイルに合わせた配分を決定しなければならない。配分を決めるには利益率(リターン)と標準偏差(リスク)を知る必要がある為、過去データを入手し、分析しなければならない。

 

過去データを入手する方法① Yahooファイナンス

メリット・・・かんたんにアクセスでき、月毎、日毎と指定して抽出できる。

デメリット・・・CSVで落とせないため、コピーペーストに労力がかかる。

 

過去データを入手する方法② SBI証券

メリット・・・CSVで落とせる

デメリット・・・登録が必要。データが勤務日毎である。

 

わたしはSBI証券を利用している。そして勤務日毎のデータからいかに各月の初日のデータを抽出するかに悩んでいる。そこを解決すれば楽にデータを分析できると踏んだ。

 

f:id:ponsukechu:20180513124320p:plain

初めに思い付いたのはDay関数でフィルタをかけ、1でフィルタをかけることだ。

これで毎月1日を取り出すことができる。

 

…と思ったが、それでは1日が休業日だった場合にうまく抽出できない。歯抜けの月がでてしまう。

 

こうなったらマクロを組もうと思った

結果としてA(日付列)のループで月初めの勤務日かどうかを判定し、E列に結果を出力する。

 

なんとか試行錯誤して完成しました(汚いけど...)

 

Public Sub FirstWork()
Dim RefRow, RowAmount As Integer
Dim BottomDate, JudgeDate As Date

RefRow = 9
RowAmount = 2460
JudgeDate = Sheets(1).Cells(RefRow, 1).Value


Dim i As Integer
i = 0
Dim LoopDate As Integer
LoopDate = 1
Dim d1 As Date

BottomDate = Sheets(1).Cells(RefRow + RowAmount - 1, 1).Value
Dim OffsetDay As Integer
OffsetDay = Day(BottomDate)
BottomDate = DateAdd("d", -OffsetDay + 1, BottomDate)
BottomDate = DateAdd("m", 1, BottomDate)
Do

d1 = Sheets(1).Cells(RefRow + i, 1).Value

If Year(d1) = Year(JudgeDate) And Month(d1) = Month(JudgeDate) Then
OffsetDay = Day(JudgeDate)
JudgeDate = DateAdd("m", 1, JudgeDate)
JudgeDate = DateAdd("d", -OffsetDay + 1, JudgeDate)
Sheets(1).Cells(RefRow + i, 5).Value = "True"
Else
Sheets(1).Cells(RefRow + i, 5).Value = "False"
End If
i = i + 1
Loop Until JudgeDate = BottomDate
End Sub

 

 

f:id:ponsukechu:20180513185933p:plain

出力結果をTrueとしてフィルタをかけた