部活ってつらいよね

日大アメフト部が話題だ。

ついにラフプレーを実行した選手まで顔出しで謝罪するまでに至った。

 

今回は弁護士や関西学院大学側の対処により、問題を明るみにすることができたが、こんな出来事は氷山の一角に過ぎないと思っている。

 

ぼくらはただ好きなだけでスポーツをしていたわけじゃなかった

わたしは田舎の工業高校を出た。

高校時代の部活は野球部。

公立だったし、特待制度はなかったけれども、とても厳しい部活だった。

毎朝7時からは朝練があったし、帰宅した頃には夜12時頃だった。

 

監督には理不尽に怒鳴られたり、叩かれることもあった。

何度辞めたいと思ったことだろう。

 

しかし、それはできなかった。

この高校で野球を続けることがブランドであり、価値があると教員も生徒も採用する会社も親も、

そして自分自身も信じていたからだ。

 

部活をやめることは、すなわち人生の転落だと思っていた。

いまから勉強したところで進学校の連中に勝てっこない。

すがりつくしかなかった。

 

 

こう思っていたのは僕だけではない。

3学年で100人近くなるマンモス部だったけども、辞めずにしがみつく人が多かった。

 

大学はもっと厳しい

スポーツで大学へ行った人はもっと厳しい。

高校でそれなりの実績があったとしても、人数多い分、いかに監督の優秀な駒になれるかで生き残りが決まる。

 

野球で例えると、引っ張ったゴロを打つ指示が出ていたのにもかかわらず、逆方向にヒットを打っただけで監督の怒りを買い、その後の出場機会を与えられなかった人もいた。

 

たったワンプレーのミスで捨てられる。

まるで傭兵のようだ。

 

件の加害者である選手もそんなプレッシャーを吐露しているように見えた。

彼もまた、アメフトに人生を背負わされていたのかもしれない。

 

部活信仰への疑問

今となっては、部活にコミットし続けてきた自分自身の歩みに疑問を持っている。

 

なぜ、あそこまで求められ、それに答えようとしていたのか....

 

学生たちは顧問やコーチに従順になり、勉学にも一生懸命励み結果を出すことを求められている。

そして会社員

になり、同様に上司や客に従いながら働くのだ。

 

なんて窮屈な世界なのだろう

 

もしも子どもができたなら

では、将来的に自分の子どもをどのように導くべきなのだろうか?

 

自身に置き換えると親の力は無力だと思う。

 

自分が親に操作されていると思いたくないし、親以上に外部の組織に立ち位置を気にするものだからだ。

 

だからせめて、無関心でありたいと思う。

あなたが部活をやろうが別のことをしようが、それはあなたの人生だし、あなたの選択だよ。でも好きだよ、と伝えたい。

 

だからいつでも逃げ出していいし、やめていいんだよ。と

あなたの存在を大切にしているよ。と

 

これは自分をいたわることにも有効かもしれない。

誰もが誰かの期待に縛られることはないのだ。