入社8年目で初めて転職を考える

高卒会社員を応援しようと始めたこのブログだが、早くもブレだした

タイトルにあるように転職を考え始めたのである。

 

キャリアについてのわたしのあゆみ

思えば考え方はどんどん変化している。

もともと高卒で就職するという進路を選んだことは

  • 大卒でどうせ就活するなら面倒見がいい高卒の方が良い
  • 苦しい勉強から逃れたい
  • まわりの大人に大卒がおらず、よくわからない
  • とにかく閉塞感のある地元を離れたかった

といった考えで工業高校を選んだのだ。

 

工業高校では野球部に所属した。

厳しい部活だったが、就職の為に必死に過ごした

 

www.highschoolhal.com

 

高校自体のレベルを落としていた為、成績もまあまあ良く、大企業に推薦してもらうことになった。そして就職試験をパスし、東京で働きはじめたのである。

 

はやく一人前に

入社当時は高卒という立場をわきまえており、知識やスキルでなにも持たない自分から早く脱却しようともがいていた。

(余談だが、最近mixiに超久しぶりにログインしていたが、そのときの青臭い日記がのこっていた。)

パワハラを受けたし、大きな失敗もした。しかし、

「自分にはここしかない」と思っていた。

 

勉強の大切さを再認識

幸い入社2年目以降はスピード感を要す部署にて、多くの経験を積むことができた。本来の業務範囲を超える技術的な分野に触れ、もっと勉強が必要だと感じた。

そのころから本格的に一陸技の勉強を始めた。

 

www.highschoolhal.com

 

自己投資と可処分時間について

陸技の合格を皮切りに自分の可能性というか、「為せば成る」と思うようになった。

 

一方で日々残業してまで仕事をすることに疑問が湧いてきた。

現行の評価制度では残業量が増えようが給与としての評価にはつながらなかったのだ。

 

そもそも技能職は定量的な実績を算出することが難しい職種な為、やむを得ないのである。

 

だから私はそこに可能性を見いだすことにした、ダラダラと残業することを拒み、会社として求められる英語、電気知識、プログラミングの学習に費やし、頭を使えるアッピールから出世を狙いだしたのである。

 

結婚、そして未来

昨年から技能職という立場は変わらないが、プログラミングに携わるポジションになった。新しい分野は頭を悩まされる日々だったが、振り返ると自身の成長を実感できた。

 

結婚もした。これまで意識しなかった未来像がくっきり浮かんできた。

こども、住宅、ローン、お金....

 

辞令は突然に

じつは今年度からは別の関連会社に出向になった。

そこはレガシーな文化が残っており、設備も人も古いという印象だった

 

www.highschoolhal.com

 

辞令の際、これはポジティブな異動ということで上司からは説明があった。

プロダクトのステークホルダーへ若手を派遣することで活性化を目指す一環だそうだ。

 

まだ異動して日は浅いものの、自分がブルーカラーであることを改めて実感した。

ちょっと意識が高く、調子に乗っていた自分に冷や水をぶっかけられた感覚だ。

 

仕事も、関わる人もとても退屈に感じる。通勤から帰宅までの時間がとてももったいなく感じるのだ。

そんなときに始めたのが、このブログである。

 

そして現れた脱サラというプラン

自分でアウトプットをすると自然と周りの情報を得ようとしている。

さらに言うと無意識に自分の知りたい情報が偏っていることに気づいた。

それはサラリーマンから脱却し、経済的に自由になるということだった

 

まだ東京で消耗してるの?

これはかつてのイケハヤさんのブログタイトルだ。(現在は「まだ仮想通貨持ってないの?」に変わっている。)

もともとイケハヤさんは数年前から名前は知っていた。

なんか地に足がついていない感じがして深入りしなかったが、最近Voicyを聴く限りでは意外とまともなこと言ってる印象を持った。

確かに、

自分は東京でどう生きるつもりなのか?

東京じゃなきゃダメなのか?

この仕事は自分じゃなくてもいいんじゃないか?

とだんだん思うようになってきた。

 

そこで地元で起業したいとささやかに決意したのだ。

 

起業か転職か?

起業といっても、いろいろやりたいことがあるし、きっとはじめは上手くいかないことも多いだろうからなるべく多くのビジネスプランを小さく回せるように考えている。

そのためにはある程度資金を貯める必要がある。

現在の仕事を続けつつお金を貯め、起業に向けた勉強をしていこうと考えた。

 

しかし、”自分は地元で受動的に教育を受けてきたが、働いたことはない。”

という事実に気が付いた。

 

そんな中、地元のベンチャー企業を見つけた。

募集要項を覗くと、見なし残業込みで現職より給料が高く、エンジニアを求めているということだ。

 

考えたメリットはこれだ

  • ベンチャーゆえに面白い若者と人脈を築けそう
  • エンジニアの仕事が好き。役に立てるかもしれない
  • 地元かつ田舎な為生活コストが低い→可処分所得が上がるかも
  • 離れた東京にいるより地元の空気感を感じ、ビジネスを明確にできそう

 

デメリットはこんなかんじかな...

  • 田舎の人間関係の嫌さが再燃するかも
  • ブラック労働で起業どころじゃない
  • 逆に安定志向になってしまう→今の方がまし?

 

まだ思い立ったばかりだし、いろんなことを踏まえてよく考えようと思う。

せっかくの機会だし、どうせ辞めるやっつけの精神で会社をいい意味でかき回すこともできるんじゃないだろうか。

 

転職はトータルでマイナスポイントになるもの。(たとえば給料が上がれば労働時間も長くなるなど)だと思っていたが、自分のライフプランを棚卸したらむしろ不要なモノを削ってプラスに転ずる可能性を感じた。

 

転職か、起業か、継続か....納得いく行動できるか不安だが、それでいいのだ。