3週間でハーゲンダッツを30個食べたセレブ(私)が味と市場を解説する

アイスが恋しい季節・・・にはなっていない。

関東圏はもはや寒さすら感じる。ここ数日は持病のノドを痛め、カーディガンを羽織るくらいだ。

そんな中私はひょんなことからハーゲンダッツ券を大量にゲットし、いままでのうっぷんを晴らすが如くハーゲンダッツを短期間で食べまくった。

今日はそんな中夢のようなひとときとハーゲンダッツを取り巻く市場調査。

多種多様なフレーバーについて解説したい。

 

今回の対象商品

 入手した商品券はこちら。

 ミニカップとはモナ王みたいなやつアイスバー的なやつを除くカップに入った商品である。しかし、注意しておきたいのは”華もちシリーズ”は対象外であることだ。

 

 

対象商品にはバーコードのところに「ミニカップ」と明示してあるため注意しよう。

 

調査範囲

わたしが住んでいる場所は首都圏から電車で約2時間かかるベッドタウンだ。

そこにあるスーパー、コンビニの数店舗から購入できるハーゲンダッツが今回対象になる。訪れた店舗の在庫を”レア度”としてカウントさせていただく。

 

各指標の説明

各指標は五段階評価とし、☆で表す

レア度

低------------------------------------高

どこにでもある-----------------あんまりない

 

甘さ

低------------------------------------高

甘くない---------------------------甘い

 

総合点

低------------------------------------高

いまいち---------------------------おいしい

 

それではいってみよう。

 

香る珈琲バニラ

レア度 ☆☆☆☆☆

甘さ  ☆

総合点 ☆☆

 

 

 期間限定商品の為か一度しかお目にかかれなかった。

コーヒー感の強さが印象的で、バニラアイスにコーヒーの粉をかけたような苦みと甘さのマッチングが楽しめる。

私にとっては別でコーヒーを淹れたほうがいいかなぁという印象の為辛口評価になった。良くも悪くも期間限定というレア度に頼りの商品。

 

キャラメルバナナ

レア度 ☆☆☆

甘さ  ☆☆☆☆☆

総合点 ☆☆

 

*写真なし

名前をだけで胸焼けレベルの甘さを感じる逸品。

期間限定商品にもかかわらず近所のダイエーで大量に在庫を抱えていた。

 

ストロベリーホワイトチョコレート

レア度 ☆☆☆☆

甘さ  ☆☆☆

総合点 ☆☆☆

 

 

期間限定商品のお仲間の一つ。こちらもダイエーにて見つけた。

一見甘そうに見えるが、バニラ感が少なくスッキリとした甘みが特徴的。

 

ダブルチーズケーキ

レア度 ☆☆☆☆

甘さ  ☆☆☆

総合点 ☆☆☆☆

*写真なし

期間限定商品だが、個人的にかなり好き。

2層になっているチーズケーキアイスは普段のアイスでは味わえない高級感を醸し出している。ダイエーに感謝。

 

マンゴープリン~ココナッツミルク仕立て~

レア度 ☆☆☆☆☆

甘さ  ☆☆☆☆☆

総合点 ☆☆

*写真なし

セブンイレブンにひっそりと置いていた。

他のフレーバーにはないフルーティーなマンゴーソースが特徴的だが、それ自体が甘すぎる為、ココナッツの香りを殺している感がある。

 

マカダミアナッツ

レア度 ☆☆

甘さ  ☆☆☆

総合点 ☆☆☆

 

レギュラー商品の一つ。マカダミア×アイスを楽しめるというリッチ感を味わえ、これぞハーゲンダッツといったところか。

ただマカダミアが歯に挟まって邪魔に感じてくる

 

クッキー&クリーム

レア度 ☆☆

甘さ  ☆☆☆☆

総合点 ☆☆

 

 

正直スーパーカップの方が満足感が高かった...

 

クリスプチップチョコレート

レア度 ☆☆☆

甘さ  ☆☆☆

総合点 ☆

*写真なし

チョコレートアイスの上品感を期待したが、それよりもチョコチップが大量に入っていて食感が悪い。

 

ストロベリー

レア度 ☆☆☆

甘さ  ☆☆☆

総合点 ☆☆☆☆

 

クリーミー路線が多いハーゲンダッツにおいて、ストロベリー果肉が入っていることによりバランスの良い商品になっている。リピートするならこれだろう。

 

グリーンティー

レア度 ☆☆

甘さ  ☆

総合点 ☆☆☆☆

 

 ”アイスはガキの食べるもの”という概念を覆す逸品。

濃厚な抹茶がバニラの甘みを引き立てている。

 

バニラ

レア度 ☆

甘さ  ☆☆☆

総合点 ☆☆☆☆☆

 

 

まさに王道をゆく”ザ・ハーゲンダッツ

バニラというシンプルな味にもかかわらず、他を圧倒する佇まい。

こいつの前には他のバニラアイスはひれ伏すのみなのだ。

 

(わたしはこの期間中バニラを6つ食べた。)

 

まとめ

皆さんはハーゲンダッツを見て、これだったは他のアイス3つ買えるな...と考えたことはあるだろうか?

私は常にそう思う。そうして私はハーゲンダッツを視界から消し続けてきたのである。

 

しかし、その値段にこそハーゲンダッツの価値ーリッチな価値があるのだ。

 

今回大量にハーゲンダッツを食べてみて、長年食べてきたアイスへの愛着が逆に湧いてきた。

「おれはまだまだチキンライスでいいや」の如く

「おれはまだまだスーパーカップでいいや」と思うのである。

 

明日からまた、スーパーカップとガリガリ君たちと仲良くさせていただく。