カネの貯め方実践編 家計簿のすすめ

つらつらと若手サラリーマンがお金を貯める方法を語ってきた。

今回は実践として家計簿アプリを使うメリットを私が2か月使ってみた感想を語りたい。

使った家計簿アプリ

家計簿アプリは調べてみるとかなりたくさんある。

私が家計簿に求めるポイントは3つ

 

  • 総資産残高が即座に閲覧できる。
  • 入力・残高照会が楽
  • トレンド(資産の推移)が把握できる

 

複数の口座を一括管理できるという点で使うべき家計簿アプリは絞られてくる。

上記条件を大方満たしているのは下記2つだ

  • Money Forword
  • Zaim

この2つは複数の口座情報を自動で更新でき、OCR技術で自動でレシートを読み取る機能が備わっており、家計簿にかける工数を大幅に削減してくれる。

「カネを貯める」という目的のために、いずれかのアプリをインストールし、所有口座を連携、月に一度確認するだけでも有益な情報になると思う。

 

ちなみにわたしはMoney Forwordを採用してみた。

 

すごい連携範囲

使ってみてまず驚いたことはMoney Forwordがあらゆる口座に連携できることだ。

普段使いのメガバンクやゆうちょだけでなくSBI証券口座や財形口座、確定拠出年金口座まで把握できる。

わたしは証券口座と確定拠出年金で毎月ファンド運用実績を閲覧していたので、家計簿と一括で管理できることは目からウロコだった。

 

使ってみたら便利なOCR機能

当初私はあまりチマチマとレシート情報を入力するつもりはなかったが、OCR機能の使い勝手が良すぎて思いのほか細かく入力している。

レシートを撮影するだけで、品目、合計、店名まで認識してくれるのは昨今のITの進化を実感し感動すると思う。

撮影済のレシートは即処分してしまってOKなのでむしろスッキリ家計管理ができている気分になれる。

 

家計簿の効果

めちゃめちゃ効果がでている。

普段何気なく買う食料品や嗜好品について本当に必要かどうか悩むし、現在までの出費を考えてものを買うようになる為、無駄なモノを買わなくなった。

特に日用品や食費、外食費にシビアな目線になって家計簿管理以前より2万円ほど支出を抑えることができている。私のような子どものいない世帯は食費が高くなる傾向がある為、家計簿の効果は高いといえるだろう。

 

最後に

こうして振り返るとまさにカネ(人間)は習慣の生き物だと感じる。

いままでなんとなく増えなかった貯金が何故増えないのかを客観的に把握できてしまうのは人によっては辛いものがあるかもしれない。

現に私も若干お金に執着し過ぎているようだ。

(増えもしないのに何度も家計簿アプリを開いてしまう....)

しかし、これは今までお金に向き合わなかった分の反動であり、これからいかに習慣を改善していくことに目的があるのだと思う。