鬱っぽくなったので朝にブログを書きます

おはようございます。

 

いま朝4時台にブログを書いてます。

なぜ書く時間を早朝にシフトしたのか。その経緯を説明したいと思います。

 

不眠症になった。

先月は夏休みでした。私の働いている会社はきちんと連休と有給を組み合わせて10連休をとることができました。

さらに身内に不幸があり、忌引きで6連休を追加でとることになったのです。

結果として、8月は10日くらいしか勤務していないことになり、ビビりました。

 

そんな中で生活リズムが乱れてしまい、

起きる時間は10~12時、昼寝も2時間以上とることも多かったです。当然夜に眠くなる時間もどんどんずれ込んで昼夜逆転が進んでしまいました。

 --------------------------------------------------------------------------------

 

話は飛びますが、中高生の自殺率は9月が圧倒的に多いそうです。

news.livedoor.com

 

長い休みが終わった私も、ちょっと鬱のようになってしまっていました。

孤独感、倦怠感がひどく、夜も思うように眠れないことが続きました。

 

産業医のカウンセリングを受けてみた

そこで職場のカウンセリングを受けてみることにしました。メンタル面の不調も産業医

の先生が診てくれることになっています。今回初めて利用しました。

 

学生の頃に保健室に行ったとき、ちょっと恥ずかしい気持ちになったことってありませんか?わたしはあります。なんか必要以上に病人っぽく振舞ってしまいますよね。

 

そんなこんなでカウンセリングが始まりました。

先生は50代くらいの女性でした。

初めにわたしから仕事の不満や、現在の状況、身体の調子について説明します。

先生は「うん、うん」と静かに聴いてくれました。

最初は緊張があり、どもりながら説明していましたが、あまりに優しく聴いてくださったので終盤はすらすらと言葉が出るようになりました。

 

そして先生からいくつかアドバイスを受けたので列挙します。

  • まずカウンセリングを受けたことが正解。心の不調に気づいて声を挙げることが大切。
  • 誰かに状況を話すことで改善につながる。漠然と抱いていたストレスを分析することができ、具体的な道筋がみえる。
  • 不眠は「眠ろうと思わない」。つまりは眠れないことをプレッシャーに感じないようにする。
  • 運動をして湯船につかるなど、体温の下降時にヒトは眠気を感じる。
  • 寝る前にテレビやスマホなどは寝つきが悪くなるので控える。

結果としてとても気が楽になりました。

以前よりも抱えていた心のモヤモヤがクリアになった気がします。

 

いろいろ考え直すと私の優先事項はなにより”眠れること”

ブログ書かなきゃ、勉強しなきゃと焦る気持ちを抑えて、朝やることに切り替える。

 

仕事や家族は簡単には変えられませんが、習慣は比較的簡単に変えることができるのではないでしょうか?

そうやって生活リズムを整えることを目指しています。